インテル(r) ラピッド ストレージ テクノロジー ご使用にあたって 添付ソフト/ドライバのご使用にあたっては、下記のご使用条件をお守りください。 インテル®ラピッド・ストレージ・テクノロジー® (17.8.0.1065) は、インテル® Optane™メモリーと RAID 0/1/5/10 のメンテナンスにより、システム・アクセラレーションの構成と有効化をサポートします。 ドライバ: Windows 10、64-bit* 17.8.0.1065 最新: 2020/01/22 [インテル(r) ラピッド・ストレージ・テクノロジー]画面の[現在のステータス]にエラーメッセージが表示されます。 エラーメッセージ: 「システムが 1 つ以上のエラーを検出しているので、データが紛失している可能性があります。 ホットスワップは、アドバンスト・ホスト・コントローラー・インターフェイス (ahci) とインテル®ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® rst) によってサポートされている機能です。 >最新のインテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® rst) ドライバーをインストールする (略) >bios でホットプラグ機能を無効にする とありますが、 この2つの方法は試したけどだめだった、という事ですか? 投稿日時 - 2013-07-07 10:16:27 インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジーのドライバインストールでも対応可能との事ですが、 「余計なソフトを入れずに済むなら、それに越したことはない」という考えの為、最終手段にした … >最新のインテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® rst) ドライバーをインストールする (略) >bios でホットプラグ機能を無効にする とありますが、 この2つの方法は試したけどだめだった、という事ですか? >最新のインテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® rst) ドライバーをインストールする (略) >bios でホットプラグ機能を無効にする とありますが、 この2つの方法は試したけどだめだった、という事ですか? [インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー] を起動して、[ステータス(s)] ボタンにて、raid が構築されているかご確認ください。 ※ なお、未使用のディスクが残っている場合は、以下の設定をおこなうと障害発生時に自動的に RAID を構築し直すことができます。 インテル(R) ラピッド ストレージ テクノロジー [ X1019807.bin、1.39MB ( 1457664 bytes ) ] インテル(R) ラピッド ストレージ テクノロジー [ X1019808.bin、1.39MB ( 1457664 bytes ) ] インテル(R) ラピッド ストレージ テクノロジー [ X1019809.bin、753.41KB ( 771488 bytes ) ] インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー自体が体感上どのような変化があるのかわかりませんので、原因がわからなければこのままにしておくつもりです。 なにかお気づきの点や、アドバイスがございましたらお気軽にご教示いただけたら助かります。 目次 インテル ラピット・テクノロジーhdd交換手順 どちらが正常なhddなのか 新しいhddを専用ケースに取り付けます。 本体に刺します。 raidを再構築する 20190314 追記 インテル ラピット・テクノロジーhdd交換手順 先に自宅pcのraid1を構築してhddが壊れ、hddを発注したことは書きました。