画像(イメージ)上に半透明の文字を重ねるcssの書き方。割と便利ですので、記事にしました。 メリット:画像上のテキスト変更が簡単なのでサイト改善をする際に楽 それでは、早速お話をして行きます。 画像のとなりにテキストを並べる、よく見かける王道のページデザイン。 いわゆる「段組レイアウト」です。 「tableレイアウトで作っていたけど今後はCSSで作りたい。どうやるの?」 という質問がありましたので、こちらで手順を紹介します。

画像編集ツールを使わずCSSとHTMLだけで画像と画像を重ねたり、画像の上に文字を重ねる方法をご紹介します。position:relativeとposition:absoluteを組み合わせる、と覚えておけばいろいろ応用できます。 htmlとcssで画像の上に文字やボタン、アイコンなどを美しくのせる方法を分かりやすく解説します。サンプルコード付き。

画像の横に回り込んだ文字を解除する 画像の横に回り込んだ文字を解除したい場合は {clear:both;}で回り込みの解除をしてやります。 【ブラウザ表示】 画像の右に文字が回り込んでいます。 文字の回り込みが解除され画像の下の行に来ました。 ソース 画像と文字のベースラインを 合わせます。文字のベースライン(下部)とは英字のabcなどの 最下部のことです。(デフォルト) top: 画像と文字を行の一番上の位置に揃えます。 text-top: 画像を基準になるフォントサイズの文字の上端の位置に揃えます。 middle CSSを使って画像の上に文字を重ねる方法を紹介します。難しそうですが、ポイントだけおさえれば、普通にdivブロックを作るのと変わりません。参考にしてください。仕上がりイメージは次のようになります。 CSSで重ねる画像と文字を準備 まずは、後で重ねる画像と文字を準備します。 オシャレなサイトだと画像内にテキストが表示されていたり、画像中にフォームが埋め込まれていたりします。このように画像内や中央に要素を埋め込むデザインは"cssだけ"で実現できるので、具体例や応用例を交えてそのようなデザインを作る方法を解説します。