電源とスリープを選んだら 右の項目の中から「関連設定」を探し 「電源の追加設定」をクリック. 【Windows10】電源ボタンの動作を「スリープ 設定」にすると使い勝手が良い Posted on 2015/10/07 by k05biz スリープ関係がどうなっているのかわからないため、間違った記述がある可能性があります。 Windowsボタン(旧スタートボタン)から、歯車マーク。 Windows10 の「電源ボタン」「スリープボタン」を押した場合やノートパソコンなら「カバーを閉じた」場合に次のような操作を設定することができます。 Windows10のスタートボタンが左クリックに反応しなくなりました(右クリックに反応する)。 これで電源オプションを呼び出せます。 電源ボタンの動作を設定する. Windows 10 で電源とスリープの設定を調整するには、 [スタート] に移動し、 [設定] 、 [システム] 、 [電源とスリープ] の順に選択します。 [画面] で、デバイスを使用していないときに画面の電源をオフにする前に待機する時間の長さを選択します。 「電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化」の画面が表示されましたら、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。 8. 電源オプションから シャットダウン時の 設定変更を行います。 そして、電源ボタンを再度押すとかなり早くWindowsのログイン画面が出てきます。 スリープによってノート PC のバッテリは消費されますか。 スリープではごくわずかな量の電力しか消費しません。 Windows10はマイクロソフト社が提供する基本OS。これまでのOSに比べデザインが向上。ユーザーフレンドリーになり使い勝手も向上しました。 さて、今回はそんなWindows10について。Windows10搭載のPCの電源ボタンを押したときの動作を「スリープ状態にする」ようにする設定方法を紹介します。